プロローグ


 ガクン、と意図しない動きが起きた。
 次の瞬間には、階段から足を踏み外したんだと知った。
 やばいかも。完全に身体が前方に傾いている。段は半分以上残っていた。とっさに壁に向かって手を伸ばすも、身体が傾きすぎて微かに触れただけ。
 顔面から落ちる。一刹那の出来事なのだが、顔に大怪我を負ってもまあいいか、でも痛いのは嫌だな、という思考にまで達した。
 ふっと、真っ黒なもので視界が覆われる。そこにぶちあたって身体が止まった。転んでしまう恐怖は続き、私は自分を止めたものに必死で縋った。ぎゅっと抱き返す力を感じ、クッションのように小さく上下した。音が聞こえた。ごとごとごと。ぱらぱらぱら。
 状況をすぐに理解できなかった。ただ、クソ寒い中で、温かいなにかに自分は力強く包まれている。身体が硬直して動けないし、自分を止めた対象も動かない。頭のなかでは、段々と事態を把握していった。
 私は、人に転ぶのを止められたんだ。ここには、階段を下りる私と、階段を上っていた五十嵐(いがらし)(はるか)しかいなかった。
 つまり、いま、五十嵐に抱きとめられている。
 私は男の胸元に、自分から抱き縋って顔を押し付けている。
 心臓が早鐘を打ち始める。ようやく嫌悪感が湧いてきた。意識しだすと、もうダメだ。鳥肌が立ち、めまいを感じる。でも動けない。どく、どく、と脈打つ命の音が聴こえる。なに動揺してるんだ、と思ったが自分の鼓動が聴こえるはずなかった。五十嵐も生き物なのか、などと当たり前のことを思考した。
 膠着状態に陥っていた。辛うじて耐えているが、少しでも動けば身体が震えだしそうだ。緊張、動揺、気持ちの悪さと吐き気。階段を転がりかけた恐怖心。大げさだろうが死に対する意識もあった。
「ごめん」
 耳元で声がした。なぜ五十嵐は謝ったのか。
 床を踏みしめる感覚を得る。すると、早く男の傍を離れなければという思考で脳内が満たされる。私が転ばないよう、五十嵐が力をこめて体勢を戻してくれる。私は逃げるように階段を駆け上がった。
 踊り場で振り返ってみる。五十嵐は私を全く気に留めるでもなく、階段を下りていく。私は吐き気を飲み込んだ。寒いはずなのに、額や首元が汗でぐっしょりと濡れている。ハンカチで拭いながら階下に目をやると、ピンク色の物体が散乱していた。五十嵐はそれを拾い集める。
 あいつはいったいなにをしているんだ。あぁ、持っていた荷物を落としたんだ。いい気味。笑える──
 だが次の思考で、誰のせいなのかを理解してしまった。
 意を決して階段を下りていく。お礼の言葉が胸を詰まらせていた。彼が瞬時に動いて私を止めてくれたのに、なにも言えない。ただ黙って、気分の悪さと若干の嫌悪を感じつつ床に散らばっている冊子を拾った。『性と生』という、妊娠について書かれた小さな冊子だった。苛立ち、口の中が渇く。そんなもののために規則的に生理が起きて、毎月嫌な思いをしつづけなければいけない……子供を産む器官を取り除けるなら喜んで排除する。それでもし男みたいになってしまうのだとしても構わない。
 男子には今日配られる予定だったのだろう。この男は保健体育の係か。
 床に散らばったものを全てダンボールに入れた。一分も経過していないだろうが、私は様々な感情を堪えつつ手伝ったので、随分と長い間拾い集めていたように感じた。
 ふと五十嵐が階段の方を見る。私が落としたっきりの『性と生』があった。奴は無言で階段を上る。触ってほしくなかったので止めようとしたのだが、声を出せなかった。私がグシャグシャに潰した『性と生』を五十嵐が拾い、下りてくる。だが私の方へ来なかった。ダンボールに突っ込んでしまう。動向をみていると、仕舞ったはずの冊子を取りだした──いや、真新しいやつだ。冊子を差しだしてきた。私は戸惑いつつ「んっ?」という音を出す。
「必要だろ」
 う、うん。返事ができた。五十嵐は更に冊子を突きだす。不快感を押し殺しながら手に取った。
 五十嵐が、そっと微笑んだ。
 めちゃくちゃ気色悪かった。男から笑顔を向けられるのは耐え難いものがあった。五十嵐が好きな女の子たちなら、この微笑でイチコロなのだろうが、私にはおぞましさしか感じない。顔のパーツが整っていて二重で瞳が魅力的でくるくるのクセっ毛が素敵だという評判を耳にするが、その全てを毛ほども理解できなかった。
「新品になってよかったな」
 ええ、と震えた声で返事をした。急に五十嵐の笑みが消えて無表情になった。ダンボールを持ち上げて、階段を上っていく。不気味な後姿を見送ると、新しい冊子を軽く握ってしまっていた。
 落ち着いたはずの鼓動が、また、早鐘を打っている。



NEXT »
colorless Catトップ


inserted by FC2 system